テクノ経営総合研究所 情報紹介サイト 「テックナビ」

テクノ経営総合研究所情報インデックス お問合せ

■新着情報

[2017年1月20日 更新]

こだわりのオーダーメイドを支えるのは設計部門の生産性向上への弛まぬ取り組みから

株式会社サイカワ


[2017年1月11日 更新]

新道 友秀

マネジメントコンサルタント
大手家電メーカーの設計部・生産技術部・本社経営改革部門・経営企画を歴任し工場の収益改善(原価低減・生産性向上・合理化)に従事する。
また販売店の商品力を市場調査し商品企画に反映する。その後テクノ経営総合研究所のコンサルタントへ転身、現在に至る。


■特集

現場力強化―収益性確保と競争優位性の獲得


【テ ー マ 】  人材育成、生産性向上、在庫削減、その他、コスト削減
【業   種】  精密
【製造品目】  プリント基板、量産型電子部品
【活動目的】  人材育成とコストダウン
【対象部門】  製造ライン、品質管理部
【活動期間】  1年間

【活動成果】

廃棄仕損品30%削減 製造ラインの少人化 12名→8名 ※品質向上と製造ラインの省力化による 活動参加率100%

現場力強化によるブランド価値の向上。改善習慣の定着と全社的プロジェクト活動を展開。利益圧迫する仕損品の廃棄ロス低減も同時に追求!

■ピックアップ情報

大川 喜教

マネジメントコンサルタント
 大手非鉄金属メーカーに勤務。前半の15年は工場地区にて製造現場勤務。量産品の現場管理のほか、新製品の開発、特に開発品の量産立ち上げ、品質安定に従事した。
 その後、後半は本社地区に異動になり、研究開発プロセスの改善、原価低減活動の推進役、営業への技術支援など多様なプロジェクトを経験したのち、テク…

現場力強化 -品質改善と生産性改革をめざして

CPU冷却用のヒートシンクの一貫生産で世界的な評価を得ている同社では、創業当初より部品の現地調達に着手し、評価技術や管 理技術等の現地インフラ整備を進めてきた。活動を開始して半年、ローカル社員改革による現場力強化についてお伺いした。

多品種少ロット生産に対応した切替時間削減

多品種少ロットと品質要求の高まりにより、生産性が悪くなってきた。また、原材料費の高騰で収益が圧迫されるなか、社内的にも生産体制の流れが脆弱で、メンバー間の連携が上手く進まない課題を抱えている。顧客の要望に対応できる生産体制の確立が求められていた。

全数目視検査の問題解決 (前編)

 人間にはミスがつきものです。もの造りの世界でいかに自動化が進んでいても全く人が関与しない製造ラインは少ないはずです。
皆さんはミスをした人の責任ばかりを追及しがちではないでしょうか。果して本人だけの問題でしょうか。
 ここでは、ヒューマンエラーを防ぐための着眼点について具体的にお話ししたいと思いま…