テクノ経営総合研究所 情報紹介サイト 「テックナビ」

テクノ経営総合研究所情報インデックス お問合せ

■新着情報

[2017年1月20日 更新]

こだわりのオーダーメイドを支えるのは設計部門の生産性向上への弛まぬ取り組みから

株式会社サイカワ


[2017年1月11日 更新]

新道 友秀

マネジメントコンサルタント
大手家電メーカーの設計部・生産技術部・本社経営改革部門・経営企画を歴任し工場の収益改善(原価低減・生産性向上・合理化)に従事する。
また販売店の商品力を市場調査し商品企画に反映する。その後テクノ経営総合研究所のコンサルタントへ転身、現在に至る。


■特集

現場力強化―収益性確保と競争優位性の獲得


【テ ー マ 】  人材育成、生産性向上、在庫削減、その他、コスト削減
【業   種】  精密
【製造品目】  プリント基板、量産型電子部品
【活動目的】  人材育成とコストダウン
【対象部門】  製造ライン、品質管理部
【活動期間】  1年間

【活動成果】

廃棄仕損品30%削減 製造ラインの少人化 12名→8名 ※品質向上と製造ラインの省力化による 活動参加率100%

現場力強化によるブランド価値の向上。改善習慣の定着と全社的プロジェクト活動を展開。利益圧迫する仕損品の廃棄ロス低減も同時に追求!

■ピックアップ情報

奥川 正文

マネジメントコンサルタント
大手建築資材メーカーにて商品企画開発や製造ラインの省力化等の要職を歴任しコンサルタントに転進。大幅な生産性向上と現場の意識改革、大胆且つ着実な課題解決は好評で、特に全体最適へのアプローチは論理的で分かり易く、その熱意と実践的指導力はトップコンサルタントとしてNO.1の顧客満足を得ている。…

明日から使えるCRのコツ〜購買業務改善のヒントはこれ!!〜(前編)

 “コストリダクション” (以下“CR”と記します)は製造業をはじめ、あらゆる企業において常に重要な改善テーマとして取り上げられています。なかでも製造コストに含まれる外部調達費用は、収益に直結することから特に重要視されています。そこで、今回はこの調達・購買業務におけるCRにスポットを当て、話を進…

北形 幸信

客員コンサルタント
1965年、三菱電機?入社。伊丹製作所 品質管理課に所属。1970年、(株)アイテク(現在会長)に移籍。1999年、同社内にISO事業部に設置する。 2000年に(株)国際規格認証支援 代表取締役に、2008年に(株)マネジメントシステム研究所 代表取締役に就く。QMS/EMS/OHSMS/ISMS

“Change”“Challenge”“Speed”の生産革新活動

工場管理 2013年3月号 - 岡部機械工業 様
本特集では、テクノ経営研究所が提唱するVPM(Value Producing Management)を実践している事例企業を通じて、その核心に迫っていく。